ログイン & ご登録

Bali Tours Blog 〜旅ログ〜

バリ島旅行の想い出をブログに残してみませんか?

投稿者: 投稿日: カテゴリー: バリ島ニュース
  • 文字サイズ: 大きく 小さく
  • ヒット数: 36410
  • コメント数: 0
  • 印刷

エアアジア X ビジネスクラス 体験記

 

エアアジア X のビジネスクラスの搭乗記。ビジネスクラスの料金、シート(座席)、機内食について感じた事を率直に書いてみます。搭乗したのは2015年3月で、ビジネスクラスのフルフラットベッドになるシートをたまたま格安料金で予約できました。空港でビジネスラウンジこそありませんが、ビジネスシートは広く快適そのもの。格安航空会社(LCC)のビジネスクラスが格安料金でゲットできるとかなりおすすめだと思います。このブログ記事が皆さんのご旅行の参考になれば幸いです。

 

■ エアアジアの中長距離部門エアアジアX(計3社)のエアバス A330型機にビジネスクラスがあります。

・「エアアジア X(D7)マレーシア クアラルンプール(KLIA2)がハブ(羽田・成田・関空)就航

「タイ エアアジア X(XJ)」バンコク(ドンムーアン空港)がハブ(千歳・羽田・成田・関空)就航

「インドネシア エアアジア エクストラ(XT)」バリ島(デンパサール空港)がハブ(日本未就航、近々就航か?)

 

エアアジアの経由便(フライスルー)利用の場合、エアアジア X 便にはビジネスクラスがありますが、その先の各国のエアアジア便はホットシート(前の方の席)の利用となります。例:羽田からバリ島へ来る場合はもちろん目的地まで通しでチケットが購入でき、ビジネスクラスを選択するとシートは以下のようになります。荷物はもちろん羽田(出発空港)で預け、バリ島(到着空港)で受け取れます。

羽田 →(エアアジア X ビジネスクラス) クアラルンプール(乗り継ぎ)→(エアアジア エコノミーのホットシート)→ バリ島

 

ではビジネスクラスのシートを見て行きましょう。エコノミークラスのシートは10度ほどしか倒れませんが、ビジネスクラスは完全フラットとはいかないですが、それに近い状態まで倒せます。なのでエコノミークラスとはシートの快適さが雲泥の差です。座席の配列も同型機を使うフルキャリアと同じく2−2−2配列で足元も広く快適です。

 

airasia_x_business_class-01.jpg

エアアジアのビジネスクラスとエコノミークラス(キャンペーン価格)の違いは?
・座席指定料金込み
・優先チェックインと搭乗
・何度でもフライト変更可能
・40Kgまで手荷物手数料なし ← この料金込みはお得です!
・手荷物の優先引き渡し
・枕とブランケットのレンタル無料
・食事1回付き

 

airasia_x_business_class-02.jpg

 

 

エアアジア X の機材エアバス A330型機の座席数は、ビジネスシート12席、エコノミーシート365席の合計377席。以下のシートマップにもあるように、ビジネスクラスは2−2−2の2列シート配列。つまり12席のみ。その後方にエコノミークラス(クワイエットゾーン)となり、3−3−3のシート配列で一番前がプレミアムシート(以前のホットシート)で、そのクワイエットゾーン(7〜14列目)とは、特別な照明が配置され、お子様は座る事が出来ないため騒音が極力抑えられたシートです。

airasia_x_business_class-03.jpg

 

 

airasia_x_business_class-04.jpg

では、実際に私が搭乗したインドネシア エアアジア エクストラ(X)のビジネスクラスを見てみましょう。近々?2015年7月に日本就航という噂もあるインドネシア エアアジア Xは、5月現在、エアバス A330 X 2機で、バリ島デンパサール空港〜メルボルン、バリ島〜台北の2路線に就航しています。

 

 

airasia_x_business_class-05.jpg

ビジネスクラス12席の後方はクワイエットゾーンのエコノミークラスです。で、この日はまだ就航したばかりなので、ビジネスクラスの料金は片道で RP.4,000,000ルピア = 37,000円 ほどでゲット。プロモーションでエコノミークラスの約2.5倍程度の格安料金でしたので、話のネタに乗ってみました。

 

 

airasia_x_business_class-06.jpg

中長距離格安会社(LCC)であるエアアジア X の エアバス A330型機は、フルキャリアのガルーダ インドネシア航空でも使われているのと同じ機材で、同じシェル型のビジネスクラスのフラットシート。エアアジアXもガルーダと同じく2−2−2のシート配列。窓を3つ分ほど独り占めできるシートの広さです。またガルーダとの違いは「機内食の品質」「お酒が有料」「エンタテーメントの液晶モニターが無い」くらいでしょうか。

ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスが成田・関空〜バリ島間直行便が往復で17万円位、エコノミーが8万円位なので、いずれエアアジア X の直行便がバリ島から日本に就航し、このビジネスクラスが往復8〜10万円と半額であれば、十分乗る価値はあると思います。ただ個人的な意見として、ガルーダの成田〜バリ島直行便のボーイング B777-900ERのビジネスクラスと比べると、やはりガルーダのビジネスクラスに軍配が上がります。

★ 過去記事を参照ください。

ガルーダ・インドネシア航空 ビジネスクラス 機内食 エアバス A330 成田→バリ島

ガルーダ インドネシア航空 ボーイング B777-300ER ビジネスクラス体験記

 

 

airasia_x_business_class-07.jpg

エコノミークラスでは有料レンタルのブランケットや枕もビジネスクラスは無料でついてきます。ただ持ち帰りはできませんので悪しからず。冷房がかなり効いているのでブランケットはうれしいサービスです。とにかくエアアジアXのビジネスクラスは、格安航空会社だからコストパフォーマンス優先。「機内食の品質」「お酒が有料」「エンタテーメントの液晶モニターが無い」事を割り切り、狭いエコノミーよりも窓3つ分独り占めしたい。ゆっくり寝て行きたいあなたにおすすめです。

 

 

 

airasia_x_business_class-08.jpg

搭乗してすぐサーブされたのは、インドネシア エアアジア X なので、もちろんダノンのご存知「アクア」1本とオレンジジュース、それと愛想の良いインドネシア人フライトアテンダントの笑顔は無料でした。どこかのハンバーガー屋さんみたい?笑!

 

 

 

airasia_x_business_class-09.jpg

ビジネスクラス1Aのシートです。前にはもちろん壁だけなので、とにかく広い!右の肘掛けも床のカーペットも赤色が映えます。

 

 

 

airasia_x_business_class-10.jpg

身長188cmの私が座ってみても、シート面の高さは少し高い気がしましたので、平均的な日本人にとってはシートが高く感じるかもしれません。でもその分フットレストが使えますので安心です。このノッポのおじさんが足を伸ばしても前の壁につかない。とにかく広いのがお分かりいただけると思います!

 

 

 

airasia_x_business_class-11.jpg

もちろん、足を組んでも壁につきません。エコノミークラスの後方に10度しか倒せず、私に取っては足元がかなり狭いシートとは雲泥の差です!エアアジアXのビジネスクラスは利用価値有り。

 

 

 

airasia_x_business_class-12.jpg

そうこう写真を撮っているうちに、台北空港を飛び立ちました。

 

 

 

airasia_x_business_class-13.jpg

ビジネスクラスのシートとシートの間にはこのように引き出し式のつい立てがありプライバシーを確保。LED照明の読書ランプも完備。写真右のシートの絵が描かれた電動ボタンを押すとシートポジションが変わります。

 

 

 

airasia_x_business_class-14.jpg

こちらはシートポジションを変更するためのボタンです。フットレストの上下もこちらのボタンにて。もちろん全て電動です。

 

 

 

airasia_x_business_class-15.jpg

写真のお菓子は搭乗してすぐに配られたもの。シートの下部から電源ももちろんとれますので、機内エンターテイメントが無くても自分のiPadに見たい映画でも予め入れておけば、機内で退屈する事も無し。仕事したい人もバッテリーを気にせずできます。もちろんスマホ、PC、タブレット、カメラのバッテリーの充電もバッチリ可能なので、充電切れてた!なんて慌てる事無く、到着後すぐに使えるので便利です。

 

 

 

airasia_x_business_class-16.jpg

それぞれのシートの足元にこのように電源コンセントがついています。ガルーダのようにUSBタイプの充電ターミナルはありませんでした。

 

 

 

airasia_x_business_class-17.jpg

折りたたみ式テーブルを出し、機内食を体験。機内食1回分はビジネスクラス料金に込み。料理自体はフルキャリアのエコノミークラスなみですが、味はおいしかったですよ。エアアジアのコーポレートカラーである「赤」いランチョンマットが食欲をそそるのは私だけでしょうか?

 

 

 

airasia_x_business_class-18.jpg

ビジネスクラスのシートを倒すと完全フラットシートにはなりませんが、この写真のように倒れて170度くらいにはなります。これだけ倒せれば快適に寝られますねぇ。

 

 

 

airasia_x_business_class-19.jpg

で、私もぼちぼち就寝です。大男の足が壁につきません。この状態でぐっすり寝られて快適。もしエアアジアのプロモーションで格安料金のビジネスクラスシートを発見したら、即買いですよ。あなたもエアアジアXのビジネスクラスをぜひトライしてみてくださいね。

 

 

エアアジア X ビジネスクラス体験ビデオ

 

このバリ・ツアーズ.comのスタッフブログがあなたの旅行にお役に立てれば幸いです。またこれから旅行へ行かれるご友人にぜひこのページをシェアしていただければ光栄です。

 

機会があれば、バリ島旅行の際にぜひ弊社も使ってやってくださいね。笑!  

▶ 観光ツアー&オプショナルツアー予約は → https://www.bali-tours.com/optional-tours/lists

▶ バリ島エステ&スパ予約は → https://www.bali-tours.com/spa-and-esthetic/lists

▶ バリ島のホテルを格安にとまるには → https://www.bali-tours.com/bali-tours-news/100

 

ぜひ、このページのずっと下の「コメントを残す」下の「SNSでシェア」をお願いします。(^_^)

 

最終更新日 投稿日:
0
ゲストにはコメントが許可されていませんので、コメントの閲覧/追加する前にログインしてください
「LINEで送る」ボタン

【予約】テーマから探す

観光ツアー
オプショナルツアー

特選!イチオシ
★ 名前やエリアで探す(全ツアー表示)
バリ島定番の観光ツアー
芸術村ウブドへ
人気スポット
世界遺産
どっぷり!バリ島体感ツアー!
スピリチュアル体験!
動物と遊ぶ!
海で遊ぶ!
海を楽しむ!
アクティビティー
こだわりの食事付きお得なツアー
使って便利!
他島を巡る

ホテル&ヴィラ

バリ・ツアーズ.com 限定
★ 名前やエリアで探す(全ホテル表示)
★ 各エリアで探す(エリア毎に表示)
タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
絶対ビーチフロント!
渓谷/マウンテン・ビュー
誰と行くか?で選ぶ

【投稿する前に】

ログインをしたら、まずはニックネームを設定しましょう。ニックネームを設定しない場合、本名が表示されます。

プロフィール編集:
安全なサイトとSSLとは?
(このマークは、SSLで通信を保護している証です)

当サイトの日時はバリ島時間で表示しています。