ログイン & ご登録

ログイン&メンバー登録

ユーザー名 *
パスワード *
自動ログイン

バリ島から行ける『他島』の魅力

他島ツアー
青い空と照りつける太陽、透き通る海と白い砂浜、ゆるやかに流れ行く時間の中で笑みを放つ人々。18,000もの島々からなるインドネシアにはそんな素敵な島々がまだまだ沢山あります。
素朴な自然と人々に囲まれながら、普段とは違った時間の流れを感じているだけで、心も体も解き放たれます。 さあ、今すぐ楽園を求めに、距離他の島々へ!
 

コモド島  


コモド島

バリ島を早朝出発し午前11時には、太古の大自然が残る世界自然遺産「コモド島」へ行くことが出来ます。テレビ番組でもとり上げられた話題のコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)や大変貴重で美しいピンクビーチなど見所いっぱいのコモド島ツアーは「日帰り」又は「1泊ツアー」がおすすめです。 関連記事: バリ島滞在中に訪れたい「世界遺産」

 

バリ島からコモド島への行き方

面積距離所要時間
東ヌサ・トゥンガラ州 390km2 東へ約470Km 空路+高速艇で2時間半
  • ジェット機で約50分(プロペラ機で約90分)でラブハンバジョへ
  • ラブハンバジョから高速艇で約60分(ローカル船で270分)
 

レンボンガン島  


レンボンガン島

バリ島の東沖に浮かぶ小さな島。デイクルーズを楽しみながら気軽に日帰りするも良いですが、20年前のバリ島の雰囲気が残るのんびりした空気を味わうには島内での宿泊がオススメ。シュノーケリングやバナナボード、マングローブツアーなどを含むものも有り、海を満喫したい人にはもってこいです。

 

バリ島からレンボンガン島への行き方

面積距離所要時間
バリ州 8km2 バリ島から東へ約30Km 高速艇で約30分(大型船で約60〜90分)
 

ムンジャンガン島  


ムンジャンガン島

バリ島西部国立公園内にある無人島。自然保護のため入島に時間制限があり、真っ白な砂浜と周りに広がる珊瑚礁と透明度の高い海は一見の価値アリ。ダイビングはもちろん、シュノーケリングだけでも思う存分に美しい南国の海を味わえます。移動には観光付きのもの、宿泊は温泉付きががおすすめです。

 

バリ島からムンジャンガン島への行き方

面積距離所要時間
バリ州ブレレン県 20km2 バリ島内北西へ約130Km 車で約180分〜210分 + ボートで約30分
 

ロンボク島  


ロンボク島

バリ島から東へウォーレス線を越えた東隣の島。砂の白さと海の青さが印象的なギリ3島、シュノーケリングやカヌーなどのマリンスポーツが楽しめます。またクタ(グルプック)やバンコバンコにサーフィンポイントも点在しサーファーに人気の島。海以外にもトレッキングやササック族や伝統工芸の村散策など見所もたくさんあります。

 

バリ島からロンボク島への行き方

面積距離所要時間
西ヌサ・トゥンガラ州 4,725km2 バリ島から東へ約120Km 空路で約30分
  • スンギギへは車で約60分
  • ギリ3島へは車+ボートで約120分
  • クタへは車で約30分
 

スンバ島 


スンバ島

スンバ島は白檀の原産地で旧称サンダルウッド島と呼ばれ、低い山が多く平地が少なく、また乾燥したサバンナ気候のため農業には適さない。宗教は土着信仰のマラプ(精霊)を信じるアニミズムが現代にも色濃く残り、それらをモチーフにした魔術的なイカットや、巨石墳墓ととんがり屋根の伝統家屋、牛や馬の放牧、伝統の刀を腰につけた男達、シリピナン(噛みタバコ)をかむ人々の姿が少し不気味に感じるが、実はスンバ人は気さくでおもてなしを大切にする民族。このスンバ島には超ラグジュアリーリゾート「ニヒワツ」もあり、世界中のエグゼクティブや富裕層サーファーがこぞってやってくる。

 

バリ島からスンバ島への行き方

面積距離所要時間
東ヌサ・トゥンガラ州 11,150km2 バリ島から東南東へ約450Km 空路でタンボラカまで約70分
  • ニヒワツへは車で約120分
 

スラウェシ島・マナド  


スラウェシ島・マナド

バリ島の北部に位置するスラウェシ島の中でも、海と山の大自然を兼ね備えるのが北スラウェシ州の州都マナドです。ブナケン島やシラデン島ではマクロ、レンベ海峡ではミクロの海洋生物が盛りだくさん。ダイビングやシュノーリングはもちろん、タルシウス(世界最小の猿)の住むタンココの森のトレッキングや大自然に浸りきるエコ&ネイチャーな世界が待っています。

 

バリ島からスラウェシ島・マナドへの行き方

面積距離所要時間
北スラウェシ州ブナケン島・シラデン島 80km2 バリ島から北東へ約1,560Km 空路約90分 + ボートで約50分
 

スラウェシ島・タナトラジャ  


スラウェシ島・タナトラジャ

タナトラジャの名前の由来は「トラジャ族の土地」、スラウェシ島最大の都市マカッサルから陸路で9時間もかかるため高原の秘境のため独特の風習を現在も残す。昔ながらの風葬(洞窟の中に無数に散らばる白骨)、魂が宿るタウタウ人形、石舞台式の墓石、ストーンヘンジ、舟形の伝統家屋トンコナンハウス、8月の盛大なお葬式、トラジャコーヒーの農園など一見の価値があります。

 

バリ島からスラウェシ島・タナトラジャへの行き方

面積距離所要時間
南スラウェシ州タナトラジャ県 3,200km2 バリ島から北東へ約820Km 空路約90分 + 車で約540分
 
「LINEで送る」ボタン