ログイン & ご登録

Bali Tours Blog 〜旅ログ〜

バリ島旅行の想い出をブログに残してみませんか?

投稿者: 投稿日: カテゴリー: バリ島ニュース
  • 文字サイズ: 大きく 小さく
  • ヒット数: 21795
  • コメント数: 0
  • 印刷

バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国内線出発編)

 

バリ島デンパサール空港(ングラライ国際空港)の新国内線ターミナルがオープンしました!その国内線出発ターミナルの地図や見取り図、ラウンジ、wifi、ショップやレストランをお探しのあなた必見!これを見れば、デンパサール(3コード:DPS)空港から国内線出発で、チェックインカウンター、セキュリティー、空港使用料、ATM、待合室の様子、おトイレの場所まで百聞は一見にしかず!事前に見ておくと安心できる空港レポート情報です!

 

バリ島から乗り継ぎや日帰りツアーなどでジョグジャカルタ、ロンボク、ジャカルタ、コモド島へ行かれる際のあなたのバリ島旅行にお役立てください。もともとの旧国際線ターミナルの改装を終えて、やっとデンパサール空港の国内線ターミナルとしてオープンしました。バリ・ツアーズ.comのスタッフが実際に国内線空港を利用した写真レポートです。まだ一部に銀行やお店などがオープンしていない部分もありますが、とにかく驚くくらいきれいにそして広くなった国内線内線ターミナル出発の様子がお分かりいただけると思います。

 

バリ島リピーターの方で以前の国際線ターミナルをご存知の方は懐かしい感じがするのでは無いでしょうか?

 

新国際線ターミナルの過去記事はこちら ↓ ↓

バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国内線到着編)

バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国際線到着編)

バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国際線出発編) 

 

dps_domestic_airport-01.jpg

こちらが新国内線ターミナルを入ってすぐの所です。 この写真の左外側に後者場所がありそちらからこの扉へ入ってきます。

 

dps_domestic_airport-02.jpg

入り口を入ると立派なインフォメーション!このカウンターを中心に左右対称に各航空会社の国内線チェックインカウンターが あります。


左側:ガルーダ・インドネシア航空の国内線
右側:その他の航空会社国内線(エアアジア、ライオン航空、シティリンク、ウィングエア、トランスヌサなど)

 

 

dps_domestic_airport-03.jpg

先ほどのお写真のインフォメーションカウンターに向かって、右後ろ側にエアアジアのセルフチェックイン機があります。

 

 

dps_domestic_airport-04.jpg

先ほどのお写真のインフォメーションカウンターの奥には、やっぱりバリらしい「バロンやランダ」が皆さんをお迎えしています。インドネシア人の方々もこの前でけっこう写真撮影されていました。

 

 

dps_domestic_airport-05.jpg

さきほどのインフォメーションカウンターにむかって左側へ行くと、預け荷物に巨大なラップを蒔いてくれるサービスが2社。それぞれ1個:Rp.50,000(約500円弱)箱物なども器用に持ちやすいようにラップでハンドルをつけてくれます。スーツケースに細かい傷がつくのが嫌な方、預け入れ荷物で段ボール箱などで外側が破損する可能性のある方には便利です。

 

 

dps_domestic_airport-06.jpg

そのままずっと右側へ入って行くと、こちらは全てガルーダ・インドネシア航空の国内線チェックインカウンターです。このお写真の左奥がセキュリティーチェックです。チェックインが終わればそちらの方へ進み、エスカレーターもしくは階段で2階へ進みみ、空港使用料支払カウンターへ。

 

 

dps_domestic_airport-07.jpg

ガルーダ・インドネシア航空の出発チェックインカウンターに向かって、その背中側には「ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラス」のチェックインカウンターとその右側には追加料金などを支払う際のカウンターがあります。

 

 

dps_domestic_airport-08.jpg

先ほどのガルーダ・インドネシア航空の出発チェックインカウンターに向かって左奥には、空港使用料:Rp.75,000/1人(2015年1月15日現在)を支払うカウンターがり、支払済ステッカーをボーディングパス裏側に貼ってもらいます。その奥はセキュリティーチェックがあり、それらを通りすぎ左奥にある2階へ上がるエスカレータおよび階段で2階へ上がりましょう。

 

 

dps_domestic_airport-10.jpg

で、このお写真はまたまた入り口の方へ戻り、先ほどの中央のインフォメーションカウンターの今度は右側に用意された航空便のチェックインカウンター案内です。自分の利用便のカウンターを間違えないようにしっかりと見ておきましょう。

 

 

dps_domestic_airport-11.jpg

インフォメーションカウンターから向かって右側に入ると国内線の格安航空会社LCCのカウンターが並びます。まずはエアアジア・インドネシアのチェックインカウンター。格安航空会社ではないですがバティック航空(ライオンエアの子会社のフルキャリア)もこちらでチェックインです。

 

 

dps_domestic_airport-13.jpg

格安航空会社シティリンク(ガルーダ・インドネシア航空の子会社のチェックインカウンター。その右側には、ライオン航空、ウィングスエア、バティック航空、トランスヌサ航空などのチェックインカウンターが続きます。

 

 

dps_domestic_airport-16.jpg

チェックインカウンターの反対側には各銀行のATMがあります。あなたの銀行のキャッシュカードに「plus や cirrus」のマークがあれば、これらの銀行ATMでインドネシアルピア現金が引き出せます。

 

 

dps_domestic_airport-17.jpg

こちらは先ほどの銀行ATMの横にあるLCC各社のカスタマーサービスカウンター。

 

 

dps_domestic_airport-19.jpg

そのカスタマーサービスを左へ進むと2階へ上がる階段とエレベーターがあり、それを通り越すと1階のおトイレです。

 

 

dps_domestic_airport-18.jpg

その1階おトイレと航空会社のカスタマーサービスとの間にはこのお写真のように2階へ上がります。各航空会社のチェックイン後に階段もしくはエスカレーターで2階へ上がりましょう。

 

 

dps_domestic_airport-20.jpg

その2階へ上がると、このように空港使用料 Rp.75,000/1人(2015年1月15日現在)のカウンターがありますので、こちらで支払を済ませましょう。

 

 

dps_domestic_airport-21.jpg

空港使用料の支払が終われば、次はセキュリティーチェックです。

 

 

dps_domestic_airport-22.jpg

セキュリティーチェックを越えると、このようにバリ島のお土産物販売コーナーを通ります。

 

 

dps_domestic_airport-23.jpg

バリ島の特産品土産「サラック(スネークフルーツ)」ジャカルタ出張の際にお土産で持って行くと、結構な確率でインドネシア人の方に喜んでもらえます。サラック・バリ Rp.50,000-、サラック・グラ・パシール Rp.75,000-の違いは、右のサラック・グラ・パシールのほうが甘いんです。これ高いですけど喜ばれます。

 

 

dps_domestic_airport-24.jpg

コーヒーのお土産なら空港手前のスーパーで買った方が安いんですが、お土産を買い忘れた方はぜひこちらで。高いけど。

 

 

dps_domestic_airport-25.jpg

各種お土産品。I LOVE Bali ! などなど。昔の国内線空港では考えられないくらいきれいなディスプレイです。

 

 

dps_domestic_airport-26.jpg

こんなに洒落たお店もあり、うろうろ見ていると自分の搭乗する便に乗り遅れてしまうので、買い物好きのあなたは注意?

 

 

dps_domestic_airport-27.jpg

国内線ターミナルににポールロップもあるなんて!時代は変わったもんだ。

 

 

dps_domestic_airport-28.jpg

以前の国内線ターミナルからは想像つかないくらいきれいなカフェも!

 

 

dps_domestic_airport-29.jpg

空港内でガジェット系を買う人がいるんだろうか?と疑問に思うのは私だけ?国際線ターミナル内にもある「EMAX」。今回の国際線ターミナルのお家賃はかなりするらしいのに。。売れてるのかなぁ?

 

 

dps_domestic_airport-30.jpg

あのバティックの老舗ピテカントロップスも国内線出発にお店有り。その右側には銀行ATM。

 

 

dps_domestic_airport-31.jpg

ちょっとドメッぽいお土産屋さん。ホント昔の田舎臭い雰囲気は無くなりましたね。

 

 

dps_domestic_airport-32.jpg

このターミナルは以前国際線として使われてた建屋をそのまま改装し国内線ターミナルとして使用しているので、国内線としてはかなりゆったりと広い印象を受けます。先ほどのお土産屋さんやカフェを通り過ぎると、滑走路に向かって左右にゲートが並びます。

 

 

dps_domestic_airport-33.jpg

おの写真の位置から搭乗ゲートは左右に分かれますので、その手前の表示で自分が搭乗する航空便のゲート番号をここで確認しましょう。左右を間違えて進むと距離があるので戻るのが面倒です。

 

 

dps_domestic_airport-35.jpg

先ほどのモニターの一を越え左へ進むと3番、1・2番の順番で搭乗ゲートが並びます。

 

 

dps_domestic_airport-37.jpg

1番ゲートへ向かって進み番搭乗ゲートそばにはたぶんバリ島初上陸の「beard papa's」のシュークリーム店。割と美味しいシュークリームで、インドネシア人の方のお土産にも喜ばれます。私もよくジャカルタ出張の帰りにあちらの空港の出発ゲート手前で購入しお土産に持ち帰ります。

 

 

dps_domestic_airport-38.jpg

こちらは3番搭乗口。

 

 

dps_domestic_airport-39.jpg

3番と2番ゲートの間にはこのように洒落たカフェが。割とゆったりとコーヒータイムが楽しめます。早朝に空いておれば、ジョグジャカルタやコモドへの早朝発の世界遺産ツアーの際にこちらで朝食とれるのになぁ。

 

 

dps_domestic_airport-40.jpg

ヌサドゥアのバリコレクション内や観光地にもあるコンビニ「coco mart」も。

 

 

dps_domestic_airport-43.jpg

こちらは2番搭乗口。柱のチョウチョ型凧がバリっぽい?ジャカルタの空港にはあんな装飾は無いよね。

 

 

dps_domestic_airport-45.jpg

そのまま1番ゲートの方へ進むとフレッシュジュースが飲めるカフェが。そのお隣はおトイレです。

 

 

dps_domestic_airport-46.jpg

まだまだ1番ゲートへ向かって進むと、通路から滑走路と元国際線の名残を残すバリの割れ門が見えます。国内線に到着しバスで移動した場合にはこの割れ門1階から到着ロビーへ入ります。

 

 

dps_domestic_airport-47.jpg

この通路の右側は、ガルーダ・インドネシア航空の国内線ビジネスクラスのラウンジ。スカイチームのプライオリティメンバーも利用可能。

 

 

dps_domestic_airport-49.jpg

ガルーダ・インドネシア航空の国内線ビジネスクラスのラウンジは天井部分は半オープンです。ジャカルタの空港程の豪華さはありません。ラウンジがこの一にあるので、ガルーダ・インドネシア航空は1番〜3番ゲートあたりから出発なのでしょう。

 

 

dps_domestic_airport-48.jpg

で、先ほどのガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスのラウンジを越えると、まだまだ1番A、B、Cとゲートが続きます。

 

 

dps_domestic_airport-50.jpg

で、先ほどのガルーダ・インドネシア航空の国内線ビジネスクラスのラウンジから3番や6番ゲート方面に反対に戻りますと。

 

 

dps_domestic_airport-54.jpg

さきほどのお土産屋さんを通り越したモニター表示のある場所まで戻った所には、この後あの有名店「マデス・ワルン」もオープンするようです。

 

 

dps_domestic_airport-55.jpg

先ほどのモニター表示のある場所から今度は右側を見ると、このように滑走路が見渡せる待ち合い所が。

 

 

dps_domestic_airport-53.jpg

反対から見るとこんな感じで、広々とし滑走路や海と航空機が見渡せます。また4番、5番、6番ゲートはこの写真を右奥の方へ進みます。

 

 

dps_domestic_airport-56.jpg

こちらは4番搭乗口にはエアアジアが。柱には今度は鷹?がたの装飾が、、バリっぽい?

 

 

dps_domestic_airport-57.jpg

待合所はこんな感じのガラス張りで航空機や海が見渡せます。旅行気分も盛り上がりますね。

 

 

dps_domestic_airport-58.jpg

4番搭乗ゲート以降にはウィングスエアやエアアジア、ライオン航空などの格安航空会社LCCの機材が並びます。ということは一概には言えませんが、1〜3番搭乗口はガルーダ・インドネシア航空とその子会社のシティリンクが利用し、4番〜6番搭乗口はそれ以外の格安航空会社が使うようになっているのかもしれません。

 

 

dps_domestic_airport-59.jpg

4番ゲートの待合所を越えて5番〜6番搭乗口へ向かう途中にも洒落たカフェが。

 

 

dps_domestic_airport-60.jpg

その途中にモニターがありますので、ご自分の便がどちらから出発なのか?ゲートの確認をお忘れなく!

 

 

dps_domestic_airport-61.jpg

5番や6番ゲートの手前にも軽食が頂ける洒落たカフェがあり便利です。

 

 

dps_domestic_airport-62.jpg

6番ゲートの待合所です。ちょっとこの辺りから手抜きかな?昔の国際線の名残がありますね。窓の部分とか、このなつかしい?スチールのシートとか。リサイクルは良いけど出来ればここまで替えてほしかったなぁ。

 

 

dps_domestic_airport-63.jpg

で、6番搭乗口にはライオン航空。このまま機内へ乗り込めるのかと思いきや。。

 

 

dps_domestic_airport-64.jpg

ああ、いつものごとくボーディングブリッジから階段を下りて、、やっぱりこのあたりのサービスの良さがインドネシアだと感じながら。。降りて行くと。

 

 

dps_domestic_airport-65.jpg

そのまま徒歩で機内へ!なんのためのボーディングブリッジ?と聞きたい方もいらっしゃると思いますが、そこはご愛嬌。飛行機オタクの私にはこちらの方が好都合なんです。なんたって目の前で写真が撮れますからね。この日は70機目の特別塗装がされたボーイング737-900ERにてジャカルタへ。

 

以前の国内線ターミナルと比べると現在の新国際線ターミナルはかなり広くなっていますので、時間の余裕を持って空港チェックインしましょう。

 

ながながと最後までおつきあい有り難うございました。写真約54枚にわたるバリ・ツアーズ.com スタッフによる実体験。バリ島デンパサール空港国内線出発の地図ならぬ写真付き解説!ぜひこのページを次回のあなたのバリ島旅行にお役立てください。またこれからバリ島旅行へ行かれるご友人にもぜひこのページをシェアしていただければ光栄です!良ければ次回、ぜひ弊社も使ってやってくださいね。笑!

 

▶ 次回のバリ島旅行でおすすめリゾートやヴィラに泊まろう!

【最低価格保証付き】リゾートやヴィラに格安で泊れるお得な情報はこちらへ!

 

このブログ記事が役に立つと思った方は、ぜひ、このページのずっと下の「コメントを残す」下の「SNSでシェア」をお願いします。(^_^)

 

 

 

 

▶ 今回のバリ島旅行の参考に!手に入れた人もまだの人もアピ・マガジン 無料電子版】を無料ダウンロードしよう! バリ島への飛行機の中でも読めて退屈なし? 笑!

■ iPhone / iPad でも!

■ Android スマホ / タブレットでも!

無料ダウンロードすれば、ネット環境が無くても持ち歩け、読めるんです!

日本でもインドネシアでも世界中どこでもかさばらずに、無料で、今すぐ「アピ・マガジン 電子版」が読めます。以下のリンクから無料でダウンロードできます。弊社バリ・ツアーズ.comの旅行コンテンツも掲載中。ぜひ今回や次回のバリ島旅行のために無料ダウンロードし定期購読しておけば、毎号最新号がお手元(端末)にとどきます。

api_ipadIPhone600.jpg

 

 

【アピ・マガジン 日本語版 アプリ(Newsstand)ダウンロード】(無料)
  対象OS:iPhone・iPad・iPad mini・iPod touch(iOS 5.0 以上)

https://itunes.apple.com/jp/app/api-magajin/id929959895?l=ja&ls=1&mt=8

 

▼ 以下をタップ(クリック)すれば、App Store から無料ダウンロードできます。

App_Store_JP_135x40.jpg

 

▼ 以下の QRコード を読めば「App Store」から無料ダウンロードできます。  

api_newsstand-jp.jpg

 

 

 

【アピ・マガジン 日本語版 アプリ(Android)ダウンロード】(無料)
  対象OS:アンドロイド  Android(OS 4.0 以上)

http://play.google.com/store/apps/details?id=com.api_magazine.ApiMagazine

 

▼ 以下をタップ(クリック)すれば、Google Play から無料ダウンロードできます。

google_play.jpg

 

▼ 以下の QRコード を読めば「Google Play」から無料ダウンロードできます。  

api_jp_google_play.jpg

 

 ※ 2016年2月2日 追記 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バリの無料旅行ガイドアプリ【アピ・バリ島ガイド】にデンパサール空港の詳しい「国際線到着地図」と「国際線出発地図」のターミナルの地図や情報だけでなく、国内線の到着や出国の手続きの情報も掲載。この旅行ガイドアプリはオフラインでも使えるし、各種旅行の情報やイエローページ等の情報満載なので、あなたのスマホに無料ダウンロードしておきましょう!これで不安も解消です。

 

バリの無料旅行ガイドアプリのダウンロードは以下のリンクから!

【アピ・バリ島ガイド iOS 版】日本語 ダウンロードはコチラから

【アピ・バリ島ガイド Android 版】日本語 ダウンロードはコチラから

 

denpasar_airport_map.jpg

 

 

最終更新日 投稿日:
タグ: バリ島 空港
0
ゲストにはコメントが許可されていませんので、コメントの閲覧/追加する前にログインしてください
「LINEで送る」ボタン

【予約】テーマから探す

観光ツアー
オプショナルツアー

特選!イチオシ
★ 名前やエリアで探す(全ツアー表示)
バリ島定番の観光ツアー
芸術村ウブドへ
人気スポット
世界遺産
どっぷり!バリ島体感ツアー!
スピリチュアル体験!
動物と遊ぶ!
海で遊ぶ!
海を楽しむ!
アクティビティー
こだわりの食事付きお得なツアー
使って便利!
他島を巡る

ホテル&ヴィラ

バリ・ツアーズ.com 限定
★ 名前やエリアで探す(全ホテル表示)
★ 各エリアで探す(エリア毎に表示)
タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
絶対ビーチフロント!
渓谷/マウンテン・ビュー
誰と行くか?で選ぶ

【投稿する前に】

ログインをしたら、まずはニックネームを設定しましょう。ニックネームを設定しない場合、本名が表示されます。

プロフィール編集:
SSL Certificates
SSLって何?
(このマークは、SSLで通信を保護している証です)

当サイトの日時はバリ島時間で表示しています。