ログイン & ご登録

Bali Tours Blog 〜旅ログ〜

バリ島旅行の想い出をブログに残してみませんか?

投稿者: 投稿日: カテゴリー: バリ島ニュース
  • 文字サイズ: 大きく 小さく
  • ヒット数: 15195
  • コメント数: 0
  • 印刷

ゴールデンウィークにバリ島旅行へ格安航空券で行く裏技!

 

今年2015年のゴールデンウィークはなんと5月1日(金)をうまく休めば6日(祝)まで6連休なんてことも可能です。そのゴールデンウィークにバリ島旅行へ格安航空券で行く方法(裏技)を公開!この裏技ならゴールデンウィーク以外の時期でも東京(成田)・大阪(関空)・沖縄(那覇)発で格安バリ島旅行に行けるんです。噂のエアアジア X インドネシアを使えば、ガルーダ・インドネシア航空の往復航空券料金分で「往復航空券+ホテル+観光ツアー+スパ」もまかなえちゃえます。その裏技?を公開。
※ ただし、このブログ記事を書いている1月19日時点の料金や情報ですのでその点はご了承ください。  

 

■ ゴールデンウィーク 2015年4月29日発〜5月5日着の航空券について 

ではまず、日本からの唯一の直行便ガルーダ・インドネシア航空の航空券を見てみましょう。

20150119-1.jpg

■ 東京(成田)〜バリ島(デンパサール)直行便の本日1月19日現在のガルーダ・インドネシア航空往復航空券料金です。

上記の復路5月5日と6日のバリ島→東京便が予約できない状態です。例えば、往路:4月29日・復路:5月4日だと 130,610円なり。さすがフルキャリアのピークシーズンのお値段となっていますね。羽田〜バリ島便を10月まで運休し成田便へ振替している事も影響しているのでしょう。

 

 

20150119-2.jpg

■ 大阪(関空)〜バリ島(デンパサール)直行便の本日1月19日現在のガルーダ・インドネシア航空往復航空券料金です。

復路5月5日と6日のバリ島→大阪便が予約できない状態です。例えば、往路:4月29日・復路:5月4日だと 129,140円なり。さすがフルキャリアのピークシーズンのお値段ですよね。

 

 

ではでは、これからが「バリ島旅行へ格安航空券で行く裏技」公開です!文章が長くなりますがおつき合いくださいね。

まず、1つ目の裏技は2015年の早い時期に日本〜バリ島間に格安航空会社として直行便を就航させると言う噂の「エアアジア X インドネシア」を利用するのです!なんと2015年1月19日より台湾(桃園)〜 バリ島(デンパサール)間に直行便の就航開始!なので先を越されましたが、いずれ日本への直行便が飛ぶのも近いでしょう。

20150119-14.jpg

まず上記のように、エアアジアのホームページ にアクセスして、「台北・バリ」と「往路:2015/04/30・復路:2015/05/04」を選んで「検索ボタン」をクリック。ゴールデンウィーク前にできれば、4月29日午後から休める方は今なら以下の料金で予約可能かもなんです。あっ、かもと書いているのは特にLCC(格安航空会社)のチケットは需給バランスとキャンペーンでその都度、航空券価格が上下するためです。ちなみに東京(成田)・大阪からバリ島へ経由便で片道 21,900円とありますので、のちほどゴールデンウィーク中の経由便の価格も調べた物をこのブログ記事の最後の方に掲載しておきます。

 

 

20150119-3.jpg

このスケジュールを選ぶ画面のキャプションを良くご覧いただくと「黄色の飛行機マーク XT=エアアジア X インドネシア」が1つだけ表示されているのは直行便の意味です。以外の1ストップの表示の物はクアラルンプール経由です。また割引運賃に「プロモ」の文字もあるでしょう。席数は限定ですがエアアジアのプロモは安いです。で、このままのお値段だとまだ「座席の予約料」や「預け荷物料」などは追加されていませんが、今現在の為替レートで TWD5,335(台湾ドル)=約19,860円なり!これは台北〜バリ島間の往復の格安航空券の価格なんですよ!それもゴールデンウィーク中に日本へ戻れるこの料金が破格すぎる!しかもこのお値段は燃油料は込みです。

 

 

20150119-4.jpg

で、さきほどの往復ともプロモ料金を選んで「続ける」をクリックするとこの画面になります。ここで「お預け手荷物」「機内食」「スポーツ用品」「快適キット」を選ばなければ、先ほどのお値段 TWD5,335(台湾ドル)=約19,860円のままです。

 

 

20150119-5.jpg
もし、ここで「往復:お預け手荷物 20Kg」を選べば、TWD7,111となり、今現在の為替レートだと TWD7,111(台湾ドル)=約26,480円なり!荷物を20Kg積んでも台北〜バリ島間の往復でもこの格安航空券ぶりです!ちなみにスケジュールは以下の通りです。

往路:2015/04/30 XT901 台北 TPE 01:00 - デンパサール DPS 06:30
復路:2015/05/04 XT900 デンパサール DPS 18:00 - 台北 TPE 01:00 +1日

また機内食はスポーツ用品や快適キットなどを購入すればどんどん値段は上がります。もしそれらが必要な方はエアアジアの場合は事前に予約しておいた方が安くなります。お預け手荷物もチェックイン当日に荷物の量が増えて超過料金とか事前に予約していない場合とか、チェックインカウンターでかなりの金額が請求されますので、特にお預け荷物は20Kgは予約しておいた方が無難かもしれません。まだ分からない場合はとにかくチケットだけを購入し、後日出発までにエアアジアのホームページにログインし、事前予約と同じ価格で追加予約することもできますので安心です。

私の場合はエアアジアで日本出張の際に行きは手荷物だけで行き、帰りは日本からの荷物が多くなるので最初から片道だけ40Kgを予約したりしています。もしフルキャリアのガルーダ・インドネシア航空なら最初からエコノミーで30Kgの預け荷物やスポーツ用品15Kg1個までが料金に含まれていますが、もし預け荷物の量を超過すると日本→バリ島間で1Kg=2,800円、バリ島→日本間で1Kg=US$10の超過料金がかかります。考え方によりますが、格安航空会社(LCC)を利用する際には、サービスが必要な人が必要な分だけ支払うという合理的な考え方を理解していれば使いやすいですよ

 

 

では、東京(成田)・大阪(関空)から台湾(台北 / 桃園)までどうするんだって??

日本にも国内および国際線を飛ばしている和製LCC(格安航空会社)がありますよね?これを利用するんです!
ゴールデンウィークにバリ島旅行へ格安航空券で行く裏技!なので、乗り継ぎのリスクは自己責任で以下の方法が使えます。

成田:バニラエア(元エアアジア ジャパン)、関空:ピーチ、沖縄:ピーチなどの格安航空会社です。もちろんジェットスターでも関空〜台北間を飛んでおり、成田〜関空(乗り継ぎ)〜台北という方法や、また和製LCCでは無いですが、シンガポール航空子会社のLCCであるスクートもあるのですが、調べてみたところバニラやピーチに比べるとお値段が高いため残念ながら今回は掲載しませんでした。

 

■ 東京(成田)〜 台湾(台北・桃園)までの格安航空券はバニラエアで! → バニラエア公式サイト

20150119-6.jpg

ではまず、東京(成田)→ 台北(桃園)で乗り継ぎの良い便を見てみると以下のスケジュールが良いかと思います。また台北では一度入国してから、エアアジア X インドネシアの台北 → バリ島便にチェックインし出国し乗り継ぐ必要があります。もちろん帰りの復路も同じように一度入国してから乗り継ぎます。

往路:2015/04/29 JW105 成田 NRT 17:35 - 台北 TPE 20:30 →(乗り継ぎ:4時間30分)→ 4/30 XT901 01:00
路:2015/05/05 JW100 台北 TPE 03:30 - 成田 NRT 07:50 ←(乗り継ぎ:3時間29分)← 5/05 XT900 00:01

東南アジアでよく格安航空会社を使い、シンガポールやクアラルンプールなどで乗り継ぎをしている私の経験から言うと、乗り継ぎ便が同じ会社でも別の会社でも乗り継ぎの時間は最低3時間は見ておいた方が無難です。特に入国審査を一度受ける必要がある際はなおさらです。また行きの往路をもう一便早めれば、乗り継ぎ時間が12時間弱ありますから、台湾(台北市内)観光や美味しい物を食べに行く事も可能ですよね。

■ 東京(成田)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金!

バニラエア+エアアジア X インドネシアの金額を合計すると。
機内手荷物だけの場合:57,420円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :69,940円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

ということは、通常期のバニラエアの東京(成田)→ 台北(桃園)は 片道7,000円とか9,000円くらいですので、やはりゴールデンウィーク中は2〜3倍に値段が上がっていますね。通常期つまりローシーズンだと上記料金よりもさらに格安でバリ島旅行が実現できますよ。

 

20150119-15.jpg

 

ご参考まで:バニラエアの「コミコミ」と「シンプル」の違いは上記のようになっています。荷物の有無や座席指定などの料金や便や日付の変更や払い戻し(つまりキャンセル)の有無を考慮して運賃を選ばれたらと思います。

 

 

■ 大阪(関空)〜 台湾(台北・桃園)までの格安航空券はピーチで! → ピーチ公式サイト

20150119-7.jpg 

それでは、大阪(関空)→ 台北(桃園)で乗り継ぎの良い便を見てみると以下のスケジュールが良いかと思います。またこちらも同じく台北では一度入国してから、エアアジア X インドネシアの台北 → バリ島便にチェックインし出国し乗り継ぐ必要があります。もちろん帰りの復路も同じように一度入国してから乗り継ぎます。

往路:2015/04/29 MM027 成田 NRT 16:05 - 台北 TPE 17:55 →(乗り継ぎ:7時間05分)→ 4/30 XT901 01:00
路:2015/05/05 MM024 台北 TPE 11:05 - 成田 NRT 14:45 ←(乗り継ぎ:11時間04分)← 5/05 XT900 00:01

ちょっと乗り継ぎに時間がありすぎるかもしれませんが、やはりこのお値段は魅力的。また行きの往路をもう一便早めれば、乗り継ぎ時間が14時間30分ありますから、台湾(台北市内)観光や美味しい物を食べに行く事も余裕で可能ですよね。桃園空港から台北市内までは高速バスで約50分〜60分。15分〜20分間隔で運行され、バス会社によりますが料金は片道500円程度で乗る事ができます。またタクシーだと市内中心部まで片道5,000円(高速料金や空港料金含む)ほどで、渋滞がなければ約45分~1時間ほどです。台北市内往復タクシー代 10,000円?4/29にビーチで関空から台湾へ片道 10,380円?エライ時代になったもんですね。

■ 大阪(関空)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金! 

ピーチ+エアアジア X インドネシアの金額を合計すると。
機内手荷物だけの場合:56,240円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :73,860円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

それと通常期のピーチの大阪(関空)→ 台北(桃園)は 片道7,000円とか9,000円くらいですので、やはりゴールデンウィーク中は2〜3倍に値段が上がっていますね。ということは、通常期つまりローシーズンだと上記料金よりもさらに格安でバリ島旅行が実現できますよ。

 

 

20150119-16.jpg

ご参考まで:ピーチの「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチ プラス」の違いは上記のようになっています。荷物の有無や座席指定などの料金や便や日付の変更無料や払い戻し(つまりキャンセル)の有無を考慮して運賃を選ばれたらと思います。こちらのピーチもバニラエアと同様に受託手荷物が込みの料金がこちらのハッピーピーチ プラスです。

 

 

■ 沖縄(那覇)〜 台湾(台北・桃園)までの格安航空券もピーチで!  → ピーチ公式サイト

20150119-8.jpg

沖縄の方にもこのブログ記事を見ていただきたいのですが、、、沖縄(那覇)→ 台北(桃園)で乗り継ぎの場合でも同じく台北では一度入国してから、エアアジア X インドネシアの台北 → バリ島便にチェックインし出国し乗り継ぐ必要があります。もちろん帰りの復路も同じように一度入国してから乗り継ぎます。

往路:2015/04/29 MM027 那覇 OKA 08:30 - 台北 TPE 09:00 →(乗り継ぎ:16時間30分)→ 4/30 XT901 01:00
路:2015/05/05 MM024 台北 TPE 09:35 - 那覇 OKA 12:15 ←(乗り継ぎ:9時間34分)← 5/05 XT900 00:01

乗り継ぎに時間がありすぎるかもしれませんが、大阪の方と同じくぜひ台北市内観光を!十分観光が出来ますね。。

■ 沖縄(那覇)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金! 

ピーチ+エアアジア X インドネシアの金額を合計すると。
機内手荷物だけの場合:42,800円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :50,600円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

それと通常期のピーチの沖縄(那覇)→ 台北(桃園)は 片道6,000円とか7,000円くらいですので、やはりゴールデンウィーク中は2倍ほどに値段が上がっていますね。ということは、通常期つまりローシーズンだと上記料金よりもさらに格安でバリ島旅行が実現できますよ。 

 

 

■ 東京・大阪からエアアジアでクアラルンプールやバンコク経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金はどうなのか?

エアアジア X と エアアジアの組み合わせだと乗り継ぎの際に「クアラルンプールのKLIA2」と「バンコクのドンムーアン空港」で、「Fly-Thru(フライスルー)」つまり入国せずにトランジットでき、また預け荷物もそのまま目的地まで運んでくれる便利なサービスが受けられます。

20150119-11.jpg

今回の比較のために料金優先で便を選んだ結果が以下です。やはり乗り継ぎ時間が少ない便は人気があり値段が上がる傾向があります。

■ 東京(成田)〜 クアラルンプール経由 〜 バリ島(デンパサール)の格安航空券

往路:2015/04/29 D7 529 成田 NRT 09:45 - クアラルンプール KUL 16:55 → 乗り継ぎ:3時間30分
   2015/04/29 QZ 555 クアラルンプール KUL 20:25 - デンパサール DPS 23:25

復路:2015/05/05 AK 377 デンパサール DPS 14:15 - クアラルンプール KUL 17:10 +1日 → 乗り継ぎ:7時間25分
   2015/05/06 D7 528 クアラルンプール KUL 00:35 - 成田 NRT 05:00

機内手荷物だけの場合:71,242円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :82,242円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

 

 

20150119-12.jpg

 

こちらも料金優先で便を選びました。

■ 東京(羽田)〜 クアラルンプール経由 〜 バリ島(デンパサール)の格安航空券

往路:2015/04/29 D7 523 羽田 HND 23:45 - クアラルンプール KUL 06:10 → 乗り継ぎ:9時間35分
   2015/04/30 AK 378 クアラルンプール KUL 15:45 - デンパサール DPS 18:40

復路:2015/05/05 QZ 550 デンパサール DPS 06:00 - クアラルンプール KUL 09:00 → 乗り継ぎ:5時間30分
   2015/05/06 D7 522 クアラルンプール KUL 06:00 - 羽田 HND 22:30

 

機内手荷物だけの場合:84,512円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :95,512円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

 

 

20150119-13.jpg 

こちらも料金優先で便を選びました。

■ 大阪(関空)〜 バンコク(ドンムーアン) または、クアラルンプール経由 〜 バリ島(デンパサール)の格安航空券

往路:2015/04/29 D7 533 関空 KIX 11:00 - クアラルンプール KUL 16:45 → 乗り継ぎ 3時間40分
   2015/04/29 QZ 555 クアラルンプール KUL 20:25 - デンパサール DPS 23:25

復路:2015/05/05 QZ 520 デンパサール DPS 07:45 - ドンムーアン DMK 11:25 → 乗り継ぎ:3時間45分
   2015/05/05 XJ 610 ドンムーアン DMK 15:10 - 関空 KIX 22:50

 

機内手荷物だけの場合:81,721円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :92,721円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込みの価格です。

 

ちなみに大阪(関空)からバリ島(デンパサール)往復は往路をクアラルンプール経由で、復路をバンコク(ドンムーアン)経由という選択肢だと乗り継ぎ時間を短くする方法もあるんです。またバンコク〜バリ島間は今年2015年3月末から週2便となりますから。近い将来、エアアジア X インドネシアがバリ島から日本たぶん成田に直行便が就航すれば、成田〜バンコク〜バリ島〜成田という旅行も格安で可能となりますね。

 

 

■ ゴールデンウィークにバリ島旅行へ格安航空券で行く方法(裏技)の結論!

この裏技ならゴールデンウィークでもそれ以外でも東京(成田)・大阪(関空)・沖縄(那覇)発で格安バリ島旅行に行けます。

 

・東京(成田)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金! 

バニラエア+エアアジア X インドネシア利用(台北で乗り継ぎ:3時間30分〜4時間30分)
機内手荷物だけの場合:57,420円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :69,940円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込み。

 

・大阪(関空)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金! 

ピーチ+エアアジア X インドネシア利用(台北で乗り継ぎ:7時間〜11時間)← 台北市内観光もプラスすべし!
機内手荷物だけの場合:56,240円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :73,860円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込み。

 

・沖縄(那覇)発→台北(桃園)経由→バリ島(デンパサール)往復の格安料金! 

ピーチ+エアアジア X インドネシア利用(台北で乗り継ぎ:9時間30分〜16時間30分)← 台北市内観光もプラスすべし!無理ある?
機内手荷物だけの場合:42,800円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
機内荷物20Kgの場合  :50,600円なり!(座席指定・その他手数料含まず)
※ もちろん燃油サーチャージは込み。

 

・参考:東京(成田)〜バリ島(デンパサール)直行便のガルーダ・インドネシア航空往復料金。

復路5月5日と6日のバリ島→東京便が予約できない状態なので、往路:4月29日・復路:5月4日だと 130,610円なり。さすがフルキャリアのピークシーズンのお値段です。預け荷物が30Kg+機内食+ドリンク(お酒も)+直行便+機内エンタメ込みです。一概には比べられないですが、バニラエア+エアアジア X インドネシア利用と料金で比較すると約2倍の料金です。さあこの料金差をあなたならどう考えますか?

 

上記の差額分1人約60,000円あればバリ島だとかなり贅沢できますよね?ホテルをアップグレードしたり、高級スパや観光ツアーへ行ったり!世界遺産ボロブドゥールのサンライズ1泊ツアーに行ってもおつりが来ますよね。ゴールデンウィークの直行便のガルーダ・インドネシア航空往復料金分 130,610円で、格安航空会社を利用すれば同じ金額でも「往復航空券+ホテル+観光ツアー+スパ」もまかなえることになります。ただし乗り継ぎは面倒ですが、その分で台北観光できると考えるとお得感満タンです!

 

今回のエアアジア X インドネシアの台湾〜バリ島間の直行便の就航で座席数も増え、また今ならかなり格安のお値段でチケット確保が出来ますので、どうでしょう?今すぐまず格安航空券だけを確保してこのゴールデンウィークにバリ島旅行を実現させませんか?格安航空券を手に入れた後、ぜひ!ホテルの確保も弊社バリ・ツアーズ .comの以下のキャンペーンで予約されるとさらに格安で手配が可能です。またホテル以外にも観光ツアーやオプショナルツアー、スパ&エステ、車チャーターだけでもご予約いただけます。  

 

弊社バリ・ツアーズ .com の【最低価格保証付き】ホテル&ヴィラ予約は! → 2015年6月末までにおすすめホテルに格安で泊まる方法!

 

ぜひ!まだバリ島旅行未経験のあなたもぜひバリ島へいらしてみてくださいね!その際には以下の情報も参考に!
バリの空港到着は → バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国際線到着編) 
バリの地図ゲット → インドネシアのバリ島地図をお探しならコレ!無料です!
バリの空港出発は → バリ島 デンパサール空港の地図ならぬ写真で解説!(国際線到着編)  


では長々と長文をここまでお読みいただきありがとうございます。このブログ記事が皆さんのバリ島旅行計画の参考になれば幸いです。

このブログ記事が参考になると思う方は、ぜひこのページのずっと一番下の「SNSでシェア」をお願いいたします。

 

最終更新日 投稿日:
0
ゲストにはコメントが許可されていませんので、コメントの閲覧/追加する前にログインしてください
「LINEで送る」ボタン

【予約】テーマから探す

観光ツアー
オプショナルツアー

特選!イチオシ
★ 名前やエリアで探す(全ツアー表示)
バリ島定番の観光ツアー
芸術村ウブドへ
人気スポット
世界遺産
どっぷり!バリ島体感ツアー!
スピリチュアル体験!
動物と遊ぶ!
海で遊ぶ!
海を楽しむ!
アクティビティー
こだわりの食事付きお得なツアー
使って便利!
他島を巡る

ホテル&ヴィラ

バリ・ツアーズ.com 限定
★ 名前やエリアで探す(全ホテル表示)
★ 各エリアで探す(エリア毎に表示)
タイプで選ぶ
ブランドで選ぶ
絶対ビーチフロント!
渓谷/マウンテン・ビュー
誰と行くか?で選ぶ

【投稿する前に】

ログインをしたら、まずはニックネームを設定しましょう。ニックネームを設定しない場合、本名が表示されます。

プロフィール編集:
SSL Certificates
SSLって何?
(このマークは、SSLで通信を保護している証です)

当サイトの日時はバリ島時間で表示しています。