先日1月下旬。ガルーダ インドネシア航空の羽田便の5月のスケジュールをお客様にご案内する際、なんと!羽田〜デンパサール便のバリ島デンパサールへの到着地獄が早朝着から夕方着に変更になっているではないかっ!!お客様にはホテルのチェックインまでのツアー提案とお見積もりをすでに済ませていただけに、偉いこっちゃ!再提案し直しや!これは何かの間違いか?と、あわててガルーダ インドネシア航空(東京)の知人に問い合わせたところ「今まだ未定で正式発表ではないとのこと」でした。

 


やはり、昨年度の日本とインドネシアの航空当局間協議で、羽田空港とインドネシアを結ぶ発着枠の拡大について話し合いがあったし、最終的にその枠はガルーダ インドネシア航空と全日空(ANA)がゲットし、羽田〜ジャカルタ便をそれぞれ各1便づつ新たに就航すると決まり、さらに昨年12月のガルーダ インドネシア航空と全日空(ANA)の包括的提携という衝撃的なニュース(過去記事)もあり、今後のコードシェアのこともあって、両社のスケジュールを組むのも大変なのかなと、私はかってに勘ぐっていたところでした。

 


で、前置きがかなり長くなりましたが、今回の発表で「ガルーダ インドネシア航空の羽田〜デンパサール便は2014年4月より羽田出発が30分、羽田到着が約1時間早まりました!」羽田着が22:35になると最終電車に間にあう方も増えますよね。ただそれに伴い、弊社のガイド君達はさらに1時間早めにデンパサール空港にお迎えに行く事になるので、到着日のツアー内容をちょっと再考しないといけません。



また、包括的提携を開始するガルーダ インドネシア航空と全日空(ANA)ですが、今後コードシェア便も出てきます。また両社とも成田〜ジャカルタ便はお昼と夕方発でうまく割り振っていますが、私のかってな推測ですが、こと羽田〜ジャカルタ便に関しては、NH855、NH856 と GA875、GA874がそれぞれ約2時間違いでの出発だし、全日空(ANA)さんは最新鋭のB787-8(乗ってみたい!)をジャカルタ線に投入してくるので、A330-300では役者不足? 

 


なので先日私が見たガルーダ インドネシア航空の羽田〜デンパサール便の出発スケジュールが午前発に変更されていたのは、その羽田〜ジャカルタ便の需要の食い合いを避けるために、ガルーダさんが夜中発でジャカルタへと考えた。しかし、羽田〜デンパサール便を午前発とすると、自社の成田〜デンパサール便とだだカブリになってしまうため、、、ん〜と頭を悩ませて、現在発表のスケジュールに戻したのではないかと、、あくまでなんの根拠も無い勝手な私の推測です。

 


また全日空(ANA)さんは6月中旬予定のガルーダさんより先行して羽田〜ジャカルタ便に就航しますし、その状況を見て需要が少なければコードシェア便にする?(そんな簡単にできるん?)もし需要があれば両社別々に飛ばすとか?羽田〜ジャカルタ便はJALさん無しの2社独占だし。という勝手なシナリオを私は考えたしだいです。ホンマかいな〜?


でも6月から両社の羽田〜ジャカルタ便(経由)〜デンパサールというのも可能になり、バリ島への足が増えるのは大変うれしい事ですね!ここまでお読みいただきありがとうございました。



以下にガルーダ インドネシア航空と全日空(ANA)のスケジュールを掲載しておきます。
羽田〜デンパサール便を購入した方やこれから使う方はスケジュールに注意してくださいね。


■ガルーダ インドネシア航空の2014年4月からのスケジュール
・デンパサール便
GA887便 HND(羽田)00:30 - DPS(デンパサール)06:40 / A330-200
GA886便 DPS(デンパサール)14:10 - HND(羽田)22:35 / A330-200
GA881便 NRT(成田)11:00 - DPS(デンパサール)17:25 / A330-300
GA880便 DPS(デンパサール)00:30 - NRT(成田) 08:50 / A330-300
GA883便 KIX(関空)11:00 - DPS(デンパサール)17:10 / A330-300
GA882便 DPS(デンパサール)00:35 - KIX(関空) 08:30 / A330-300

・ジャカルタ線
GA875便 HND(羽田)11:45 - CGK(ジャカルタ)17:15 / A330-300 / 6月中旬就航
GA874便 CGK(ジャカルタ)23:20 - HND(羽田)08:50(翌日) / A330-300 / 6月中旬就航
GA885便 NRT(成田)12:00 - CGK(ジャカルタ)17:30 / B777-300ER
GA884便 CGK(ジャカルタ)23:30 - NRT(成田)09:00(翌日) / B777-300ER
GA889便 KIX(関空)12:00 - CGK(ジャカルタ)17:00 (月、水、金、日) / A330-200
GA888便 CGK(ジャカルタ)01:00 - KIX(関空)09:55 (月、水、金、日) / A330-200


■全日空(ANA)のスケジュール
NH855 HND(羽田)10:05 - CGK(ジャカルタ)15:40 / B787-8
NH856 CGK(ジャカルタ)21:35 - HND(羽田)07:10(翌日) / B787-8
NH835 NRT(成田)17:40 - CGK(ジャカルタ)23:30 / B767-300ER
NH836 CGK(ジャカルタ)06:25 - NRT(成田)15:55 / B767-300ER


★バリ島トリビア:
→ バリ・ツアーズ.com でも航空券の取扱いがあるって知ってました? → こちらのページもチェックしてね!

 

 

※ 2016年1月27日 追記!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弊社も加盟している「バリ ラサ サヤン」(日本市場向けバリ島観光事業促進委員会)の定例ミーティングに本日参加したところ、バリ州政府観光局局長、ガルーダ・インドネシア航空バリ支店長が、パネリストとして参加されていました。

バリラササヤン(日本市場向けバリ島観光事業促進委員会)→ ホームページはこちら!

 

その際に観光局長が近い将来、バリ島を訪れる日本人観光客を現在の22万人から40万人に増やしたいと抱負を語りました。それにはやはり東京と大阪からバリ島への唯一の直行便ガルーダ・インドネシア航空の現状週14便をさらに増やす事。つまり日本からのさらなる直行便が必要だと言うお話が出ました。

 

同席されていたガルーダ・インドネシア航空のバリ支店長が意見を求められ、まだ正式な発表ではなく、決定したわけではないとの前置きの上で「久しく運休していた東京羽田ーデンパサール直行便の復活の可能性がある事」を言及しました。この噂は私も他からも伺った事があり、どうも2016年3月ごろの可能性が高いとの事です。

 

これが事実となれば、バリ島で観光業に従事する者として大変喜ばしい事です!ガルーダ・インドネシア航空さん、ぜひバリ島のために実現させてくださいね。心から祈っとりますっ!