バリ島の海上高速道路が9月23日に完成しました! この高速道路はデンパサール空港リニューアルとともに、経済成長著しいインドネシアがAPEC開催に向けて威信をかけた国家プロジェクトの一つなのです。また2013年9月23日から30日まではお披露目と周知のために、なんと高速料金無料で開放!太っ腹です。。なのでインスペクションのついでに全線乗ってみました。。なんだかバリであってバリ島でないような不思議な感覚は私だけかな?

本日10月1日からは有料となり、またAPEC期間中は交通規制のため一部もしくは全体が閉鎖となるようです。

ちなみに高速料金は一律で、乗用車やバンなど4輪車:Rp.10,000(約100円弱)、バイク:Rp.4,000(約40円弱)

 

new_highway_bali.jpg

グーグルさんのマップにもこの通り、バリ島の衛星写真に海上高速道路の姿がしっかりと写っています。
上記の番号は写真を撮った地点ですので、以下の写真とともにご覧頂いて雰囲気を味わってくださいね。笑!

 

 

new_highway_bali-01.jpg

1. こちらはヌサドゥアの料金所ゲートです。ゲートのデザインもバリっぽいですよね?
 日本の高速道路の料金所にはこんなご当地デザインは無いよね?

 

 

new_highway_bali-02.jpg

1. 料金所では排気ガス対策のマスクをした係員が、、ジャカルタ出張の際に、
 スカルノハッタ空港から市内への高速道路では見慣れた光景ですが、
 いざバリ島で見るとなんだかとても不思議な感じです。。
 バリ島に海上高速道路なんて、、、

 

 

new_highway_bali-03.jpg

2. でもって、マングローブ林を横目に見ながら、まっすぐできれいな高速をツーっと走って行くと、
 バリ島で初めての高架道路が見えてくるではありませんか!ジャカルタや日本では見慣れた光景でも、
 神様の上を人間が車で走るとはなんぞや!ヤシの木より高い建物は建てたらアカン!というバリ島では、
 この光景は異次元の世界なのです。。悪魔の棲む海上だからいいのか?笑!
 でもって、左へ曲がるとデンパサール空港へ、そのまま直進するとサヌールやブノア港へ、、

 

 

 new_highway_bali-04.jpg

3. こちらは空港から海上高速へ入った所の料金所ゲートです。バイク道と車道が全線分かれているのです。
 これは正解です!成長著しいインドネシアではバイクの保有量も多く、バイパスや一般道で、
 朝夕の通勤ラッシュ時にはバイクが縦横無尽に我もの顔で洪水のように走りますから、
 高速が低速にならないようにするためにも大正解です!

 

 

new_highway_bali-05.jpg

3. 学芸会のハリボテ?みたいでかわいい料金所ゲート。私は結構このゲート好きですね。
 ちなみに真ん中の黄色いゲートは、国営マンディリ銀行発行のプリペイドカード専用レーンです。
 スマートペイみたいなものです。

 

 

new_highway_bali-06.jpg

4. こちらは、左へ行くとサヌール方面へ、まっすぐ行くとヌサドゥア方面へ分岐します。
 ジンバランとかかれてはいますが、ヌサドゥアゲートで降りて信号を右折し、かなり戻ります。

 ちなみにこの3〜4番のマップの位置を見てください。

 Q. 海上なのになんでまた高速道路がわざわざ湾曲してるの?
 A. 答えは、飛行機が滑走路と間違えて降りてこないためだそうです。

 面白いと思いませんか?確かにまっすぐだと空港と平行しているのでパイロットも滑走路と間違う?
 そういえば通常バイパスの電灯はオレンジ色なのですが、この海上高速の電灯はすべて白色の水銀灯です。
 こんなところにも空港への配慮が見られます。さすが?

 

 

new_highway_bali-07.jpg

5. こちらはサヌールから海上高速への入り口です。まっすぐ行けばブノア港(バリハイクルーズなどの波止場)で、
 左に入って行くと、料金所があり、ヌサドゥア、デンパサール空港方面へ。。

 

 

new_highway_bali-08.jpg

6. この地点で左に入ると、デンパサール空港出口へ、直進するとヌサドゥア方面です。
 しかし遠浅のブノア湾ですが、1本ずつコンクリートの杭を打って、よくこれだけの物を建てた物です。
 でも橋脚のコンクリートは結構細いけど。。それとこのバイク専用レーン素敵でしょ。

 

 

new_highway_bali-09.jpg

7. オマケ画像です。空港と平行しているためわざわざ高速を湾曲させているあたりです。
 高速道路では路上駐車はもちろん厳禁なので、走行中に運がよければ、
 このように離陸や着陸が海上から望めます。
 空港出口に出る手前で、たまたま離陸の瞬間をパチリ!

 

 

総括としては、、、この海上高速を乗っていて、インドネシアの経済成長を大いに感じさせられました。
海上の高速道路は快適で、ヌサドゥアゲートから空港出口までホントに5分程度?で走れます。
但し今後の問題はヌサドゥア、空港、サヌールともに高速降り口の交通量をバイパスとの交差点の信号の調整や、
合流の仕方でどのようにさばくかが問題かと、、この日も各合流地点は大渋滞しておりました。
これじゃぁ、ボトルネックが他へ移動しただけ。。解決しようよ!
まぁ無料期間だから?有料になるととたんに利用者が減り快適だったりして?


バリ島の伝統文化や自然とインフラの近代化や経済発展を今後どのようにバランス(調和)をとるかが、
バリ州政府の腕の見せどころですね。トリヒタカラナの精神でぜひ世界に類を見ないような、
素敵なリゾートとして発展してもらいたいものです。ガンバリましょう!

 

★バリ島トリビア:
→ バリ島でレンタカーを借りるのはイマイチなんですが、さてその理由は? → 理由を見る